運動が巻き爪の原因になる?巻き爪の治し方は爪切りにあり!巻き爪ロボとは?

運動が巻き爪の原因になる!?巻き爪の治し方は爪切りにあったんです!巻き爪ロボという器具を使った治し方も紹介!
MENU

運動が巻き爪の原因になる?巻き爪の治し方は爪切りにあり!巻き爪ロボとは?

巻き爪の原因と巻き爪ロボを使った治し方をお伝え。

 

大人に多いイメージが強い巻き爪ですが、子供にも巻き爪が起こる可能性があります。大人の巻き爪は、合わない靴や加齢が主な原因ですが、子供の場合は「運動内容」によって巻き爪リスクが高まるケースが多く報告されています。

 

そうはいっても、巻き爪になるリスクが高いからと言って、家の中でおとなしくしていなさいというのは無理な話です。小さいお子さんを持つ方は、子供が成長した時のために、どのような競技で巻き爪になりやすいのか、巻き爪になったらどのような治し方を試みたらいいのかということを知っておきましょう。

 

冒頭でお伝えしたように、運動の内容によって巻き爪が起こることがあります。
子供の年齢別でみると、巻き爪患者が増えるのは中学生頃。つまり、部活動が活発な時期です。
巻き爪のリスクが高まる競技は、言ってしまえば運動部全般。しかし、特に受診患者が多いと言われているのが、バスケットボール、バレーボール、サッカー、テニス。

 

これらに共通するのは、足先にギュッと力を入れてコントロールする競技だということ。

 

競技の特性上、指先に力が入るため爪が食い込むリスクが高くなってしまうのです。また、こういったスポーツをしている子供の多くは、けがを防ぐためにキッチリ足の爪を切っていますが、これも原因の1つです。
巻き爪の治し方のポイント1つ目は、深爪しないこと。深爪は巻き爪を悪化させます。爪の白い部分まで切り落とすことは避けましょう。切り方に注意するだけで、爪は食い込みにくくなります。競技のパフォーマンスを落とさないためにも、爪の切り方に十分注意を払うようにしましょう。

 

また、どうして巻き爪が酷い場合は巻き爪ロボという器具を使って治すという方法もあります。
手術などのように痛くないのでお子さんでも手軽に使えます。
巻き爪を治したいのであれば巻き爪ロボは効果的といえます。

 

このページの先頭へ